[吉沢明歩] 「貴方、ごめんなさい…」背徳感を感じると同時に、久しぶりに味わった快感に気付く