叔母は意気消沈しているコウタを可哀想に思い慰めようとするのだが…