脱がれた母のパンティの残り香と、浴室の曇りガラスに映る艶かしい裸体。母への妄想は次第にふくらみ、やがて二人のささやかだった「日常」が狂い始める