「もう辛抱堪らん!」と思い切ってれいかの寝込みを襲うのだった。抗うれいかに久志は執拗に彼女の肉体を弄り、蕩けさせる