熱のこもったすがるような眼差しに、思わずりなは身体が火照るのを感じた。絡み合う視線。うだるような夏の暑さの中、お互いの汗が眩しく映り二人は禁断の扉を開けた…