久しぶりに味わった逞しい肉棒の感触がすぐに忘れられるはずもなく自らを慰めるのだった。だが、図らずもかおりの自慰を目撃してしまった充は欲望のままにかおりを求めて