「いやらしい事がそんなに悪い事なの?私は本当にいやらしいの?」その疑問を確かめる為、彼女は今ここにいる